ファイナンス

トアストンの強力なトレード・アカウンティング・システムは迅速で柔軟性が高く、パワフルです。取引の会計処理の大部分を自動化することが可能であり、必要な時に(必要度に応じて)会計データにアクセスできます。自動化した日締め処理により、含み損益、日々の未収額、為替再評価額、および内部留保を処理します。また、試算表、有価証券損益報告書、株式元帳、その他数百もの標準化された報告書など、あらゆる標準会計報告を作成します。(実現損益を含む)Trade Accounting(約定の会計)は、リアルタイムで更新されます。さらに、自動化できない項目については、Manual Journal(手動による仕訳)画面によって、必要なあらゆる仕訳項目の作成が可能です。

モジュール

アカウンティング

トアストン・プラットフォームによって、完全な複式記帳による、複数通貨でのマルチ・エンティティ向けサブレジャーに対応した環境において、完璧な財務報告書一式を作成します。本プラットフォームの設定可能な仕訳規則により、記帳の大部分を自動化し、かつ、手動で仕訳を作成することで約定から生成されない取引を取り込むことが可能です。本プラットフォームの日締め処理によって、約定の処理を停止することなく、含み損益、経過利子、再分類と為替の記帳を自動的に作成します。特に、どの時点でも必要なデータは、リアルタイムで利用可能です。本プラットフォームのユニークな残高計算エンジンは、入力と期間日付の組合せによって、あらゆるレベルで帳票類を作成する柔軟性を持っています。また、残高から取引まで、網羅的なドリルダウン機能も標準機能の一つです。

損益の統合

トアストン・プラットフォームは、複数のフロント・システムによる損益を統合し、調整を行い、管理レポートを作成する機能を備えています。また、計算で使うヒストリカル・バリュー・アット・リスクの数字をバック・テストする上で必要な「ハンズ・オフ」P/Lの計算も可能です。

データ管理

Iトアストン・プラットフォームは、組織の集中データ・レポジトリーとして位置付け、スタティック・データのマスター・コピーとして機能するうえで十分なパワーを備えており、必要に応じてその情報を他のシステムに提供します。主要ベンダーのフィード経由で受信するスタティック・データのクリーニングを行い、既存のデータと自動的に統合します。これによって、複雑な銘柄や組織の階層をモデル化する機能が付加され、自社のデータに加えて、カレンダー、市場、地域、信用格付けや通貨に関するデータが含まれます。

法規制の遵守

トアストンのプラットフォームを利用することで、UnavistaやAbide等のApproved Reporting Mechanisms(承認済み報告メカニズム)に報告する取引を提供することが可能で、受信ステータスは、報告書を作成した取引に対して記録されます。また、トアストン・プラットフォームによって、バーゼルIIIを含めた資本と流動性の報告要件に対応する関連データを保持する一連の報告書にアクセスが可能です。トアストンのプラットフォームによって、数百の内部報告書を、まさにアウト・オブ・ボックスで取得し、管理者は担当業務のあらゆる側面を分析し確認することが可能です。

トアストン・テクノロジーは、御社がオペレーションを完璧に制御しつつ、効率性を改善する際にお役に立ちます。是非、専門スタッフenquiries@torstonetech.comまでご連絡をお待ちしています。