リアルタイムでのリスク分析

リスク・データとは、本来複雑かつ階層的なものです。トアストンのリスク・プラットフォームは、分析を目的として、リスク・データの収集、管理、およびその動的集約に向けて拡張性の高い手法を提供します。これにより、エンド・ユーザーが既に精通している各種ツールを活用して、特別な分析や報告を目的とする強力なリスク・データ・ウェアハウスをエンド・ユーザー向けに提供します。過去に未確認の新たな質問に回答する分析機能を提供します。

リアルタイム・リスク

最先端の分散ストリームによる処理によって、複数のソースによる毎秒数千件の約定を処理し、集約することが可能です。リスク計算を実行し、結果をエンド・ユーザーに即時に提供します。あらゆるリスク管理項目とリミットを、リアルタイムで統合しモニタリングします。リミットの抵触が発生する前に予測します。リアルタイムで変動するリミットと主要な指標を確認します。プッシュ通知の配信を迅速に行います。最新の検索インデックス化技術を活用して、即時の検索と分析においてあらゆる銘柄、ポジション、カウンターパーティおよび関連データを利用可能です。例えば、市場と信用リスクを即座に確認し、VaRを検索し分析します。

リスクの集約

インメモリの多次元キューブによるリスク・レポートを目的として、トアストンのリスク・プラットフォームが計算、収集し、エンリッチ化したリスク・データをエンド・ユーザーに提供します。使い慣れたExcelのピボット・テーブルを利用して、リスク・レポートと対話型分析を実行できます。これによって、付属するドラッグ・アンド・ドロップ機能をユーザーに提供し、リスクに関わる特別な疑問に即座に回答します。

ユーザーは、Excelまたは、その他報告ツール(マイクロソフトのPower BI、Reporting Services, Pyramid Analytics、TableauまたはQlikViewなど)を利用して、対話型のハイレベルなダッシュボードを作成し、あるいは、最も粒度の細かいレベルまで詳細分析を行うことが可能です。OLAPキューブは、業務上必要な範囲の履歴を保持するように設計されており、必要な分析を提供するデータとディメンションを備えています。

トアストン・テクノロジーは御社のオペレーションの効率化のお役に立ちます。是非、専門スタッフenquiries@torstonetech.comまでご連絡をお待ちしています。